【VALORANT】マップの種類と攻撃側、防衛側の視点について【ヴァロラント】

VALORANTマップ種類VALORANT
VALORANT

6月2日リリースの【VALORANT】、新マップ『アセント』が追加されてマップの数が4つになりました。

今回はそんな【VALORANT(ヴァロラント)】の、マップについての解説記事になります。

くろいわ
くろいわ

4つのマップについて説明します。

   

VALORANTのマップについて

ヴァロラント イメージ

まずは、

・マップの名称  
・実際のマップ  
・攻撃側視点、防衛側視点

の3点についてまとめました。

   

マップの名称

ヴァロラント マップ名称

現時点でプレイできるマップは、

・Haven(ヘイブン)   
・Bind(バインド)  
・Split(スプリット)

・Ascent(アセント)

の4マップになります。

   

実際のマップ

まずは1つ目のマップ

『Haven(ヘイブン)』

ヴァロラント ヘイブン マップ

Haven(ヘイブン)は爆破ポイントが3つあります。

   

2つ目のマップ

『Bind(バインド)』

ヴァロラント バインド マップ

Bind(バインド)は爆破ポイントは2つになります。

   

3つ目のマップは

『Split(スプリット)』

ヴァロラント スプリット マップ

Split(スプリット)は爆破ポイントは2つになります。

    

4つ目のマップは

『Ascent(アセント)』

ヴァロラント アセント マップ

Ascent(アセント)は爆破ポイントが2つになります。

   

攻撃側視点、防衛側視点

攻撃側、防衛側のマップの視点になります。

1つ目のマップ『Haven(ヘイブン)

・攻撃側のマップ視点⇩

攻撃側は4ヶ所の待機場所があります。

・防衛側のマップ視点⇩

防衛側では、5ヶ所の待機場所があります。

   

2つ目のマップ『Bind(バインド)

・攻撃側のマップ視点⇩

攻撃側は4ヶ所の待機場所があります。

・防衛側のマップ視点⇩

防衛側では、5ヶ所の待機場所があります。

    

3つ目のマップは『Split(スプリット)

・攻撃側のマップ視点⇩

攻撃側は4ヶ所の待機場所があります。

・防衛側のマップ視点⇩

防衛側では、4ヶ所の待機場所があります。

  

4つ目のマップは『Ascent(アセント)

・攻撃側のマップ視点⇩

攻撃側は4ヶ所の待機場所があります。

・防衛側のマップ視点⇩

防衛側では、4ヶ所の待機場所があります。

   

まとめ

今回は、VALORANTでプレイできるマップについて

・マップの名称  
・実際のマップ  
・攻撃側視点、防衛側視点

の3点をまとめてみました。

まだリリースされたばかりとはいえ、海外のプロゲーマー達から絶賛されている

【VALORANT(ヴァロラント)】

日本でも流行って欲しいですね。

   

VALORANTをプレイするならこちらも見てみてください⇩

ゲーミングデバイスのレビューもしています。

タイトルとURLをコピーしました